カードローンの意味について

消費者が簡単な手続きでお金を借りる手段としては、
消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなどを利用するという方法があります。
どちらも消費者に対してお金を融資しているという点ではどちらもそれほどの違いはありません。

しかし、キャッシングとカードローンといった具合に名称が
異なっているのにはちゃんとした意味があるのです。

キャッシングの場合

キャッシングの場合、「現金に換える」「小口の融資を受ける」などの意味があり、
キャッシング専用のカードやクレジットカードのキャッシング機能で
直接ATMなどからお金を借りる行為を指しています。
消費者金融のキャッシングは主に総量規制の対象で一定の制限がかけられています。
ここをデメリットと取る人も多いのは事実ですが実際には利用者にとってキャッシングの
利用ポイントは小額・小口の資金調達でしょうからデメリットではないとも取れるでしょう。

カードローンの場合

それに対して銀行のカードローンでは、キャッシングと同じように
ATMなどからお金を借りることができます。
指定されている金額の範囲内であれば特別な手続きをする必要がなく、
いつでも自由に繰り返しお金を借りることができます。
特記すべき特徴としては銀行カードローンは大口にも小口にも対応している点でしょう。
限度額が高いですし、小額にも対応しているので幅広い消費者の欲求に対応してくれる
といえるでしょう。

キャッシングとカードローンの違い

利用する前の手間の手続きに関してはインターネットで申込可能であったり日曜祝日でも申込可能なのは
キャッシングでもカードローンでもほぼ変わりません。
削除したページでも紹介していましたが銀行でも即日融資対応カードローンが少ないですが存在します。

キャッシングとカードローンで一番大きな差といえば「利用できる金額」に大きな違いがあるという点でしょう。 キャッシングと言っているサービスは消費者金融が多くでお金を借りる際には総量規制の対象となってしまうため利用者は年収の3分の1を上限として、それ以上お金を借りることはできません。

すでに年収の3分の1までの借入れのある人の場合には、
たとえ業者を変えたとしても新規にお金を借りることができないのです。
しかし、銀行カードローンの場合には総量規制の対象外となっているため、
年収額による借入れの制限を受けることはありません。